スカイマークで格安の国内旅行を楽しんだ

コストダウンのわけ

インターネットから予約を申し込み、当日は自分で自動チェックインを行って航空券の受け取りと搭乗手続きを行う必要があり、ここだけがどうなるか不安と楽しみがありました。
大手の航空会社ではこういった場でも係員の方がいて説明をしてくれたり、機械からシートを取り出すときも毎回係員の方が取って挨拶をしながら手渡してくれます。
これはこれで良いものでしたが、自動チェックインで手軽に行うのもまた良いものだと感じたと同時にここに人員を割かないのもコストダウンに繋がり格安なチケットの料金を実現している一端だと思いました。
予約番号を入力すると情報を確認し、さらに画面の指示に従ってタッチパネルを操作して進めていくと搭乗券と同時に手荷物タグが出てくるので、自分で荷物の取っ手に付けますが大人は自分自身で行えますが、子供たちに任せるのは心配で大人が付けました。
ここは少し手間がかかると思ってしまいましたが、その一方で20kg以下の手荷物は無料なのは良かったです。
つづいて少し心配だったのが機内サービスで子供たちはどうやら機内食を楽しみにしていたようでしたが、スカイマークでは機内食はありません。
しかし、キャンディーやコーヒー、チョコレートが無料でもらえるほか、機内ではほとんどの飲み物やおつまみ、お菓子が100円で販売されており、そのインパクトに驚いたようでジュースとお菓子を購入して与えると喜んでもらえました。
また、スカイマークの就航地のご当地の飲み物やおつまみなども販売されており、豊富な種類が用意されており楽しむことができました。

スカイマークを利用してみたコストダウンのわけまた利用しようと思った

スカイマーク | Wikipedia